ホーム > OB会について > 六実中学校父親の会OB会会則

六実中学校健全育成父親の会OB会則

(目的及び名称)
第1条 六実中学校区の子供の健全育成と、明るく健康的な街創りを目的とし、併せて会員相互の親睦を図る。この会を六実中学校健全育成父親の会OB会(以下「OB会」という。)と称する。

(方 針)
第2条 OB会は、子供たちの健全な育成を推進するため、次の方針に従って活動する。
 (1)いかなる他の団体及び機関の支配・干渉・圧迫を受けない、非政治的・非宗教的・非営利的な団体である。

(活 動)
第3条 OB会は第1条の目的を達成するために、次の活動を行う。
 (1)学校が主催する行事に対する協力及び参加
 (2)父親の会が主催する行事に対する協力及び参加
 (3)地域が主催する行事に対する参加
 (4)組織充実のための活動
 (5)その他目的達成に必要な活動

(会 員)
第4条 OB会は、子供が六実中学校に在籍していた父親で構成する。

(役 員)
第5条 OB会の運営に当たるため、次の役員をおく。
 (1)役員定員
     ①会長
     ②副会長
     ③書記
     ④会計
     ⑤事務局
     ⑥協議員
     ⑦監事
 (2)役員は会員のうちから、総会で選出する。
 (3)役員の任期は、毎年第1回総会の当日から翌年の第1回総会の前日までとする。
 (4)会長職任期は、原則として2年間とする。
    その他の役員および協議員職の任期は、2年とし改選はこれを拒まない。
    原則として毎年半数交代制とし、平成24年度から実施する。

(役員の職務)
第6条 役員の職務は次のとおりとする。
 (1)会長は、会務を総括する。
 (2)副会長は、会長を補佐する。
 (3)書記は、議事録作成及び会報等の作成配布を行う。
 (4)会計は、金銭の出納及び記録を行う。
 (5)事務局は、本会の円滑な活動を行うため、会員名簿の作成等諸雑務を行う。
 (6)協議員は、役員会に出席して、本会の運営に対して意見を述べる。但し、運営についての責は問わない。
 (7)監事は、活動の遂行及び会計の状況を監査する。

(総 会)
第7条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
 (1)総会は、出席会員を以って成立し、総会の議事は、出席会員の議決権の過半数で決し、可否同数の場合においては、議長の決するところによる。
 (2)会長は、通常総会を、毎年1回5月に招集しなければならない。
 (3)会長は、必要と認める場合においては、役員会の議決を経て、何時でも臨時総会を招集することができる。
 (4)総会の議長は、役員の互選により決める。ただし、監事・協議員を除く。

(役員会)
第8条 役員会は、必要に応じ、会長が招集する。
 (1)役員会は、出席役員を以って成立し、その議事は出席役員の過半数で決する。

(実行委員会)
第9条 実行委員会は、会長が必要と認めた場合に。役員会の承認を受けて設置することができる。

(会計年度等)
第10条 OB会の会計年度は、毎年5月1日より翌年4月30日までとする。
 (1)毎会計年度の収支決算案を監事の会計監査を経て、総会に報告し、その承認を得なければ成らない。

(弔慰見舞金)
第11条 本会会員に対する弔慰見舞金等の基準を別紙のとおりとする。

(その他)
第12条 本会則に定めの無い事項においては、その都度役員会の会議により決定する。

付 則

1.この会則は、平成12年4月16日より施行する。

2.改正
平成17年5月31日
平成20年5月11日
平成21年5月10日
平成23年5月8日
平成25年4月21日